れいすた

令和からスタートしたブログ「れいすた」令和時代の出来事を書きなぐります。

「レンタルの恋」剛力彩芽ちゃんのテレビドラマをDVDで見たよ。

剛力彩芽ちゃんと聞くとどうしても今はzozoを退任した元社長の前澤友作氏の名前が浮かんでしまいますよね。

 

最近、剛力彩芽ちゃんを見ていませんが彼女が主演している「レンタルの恋」をDVDで見たのでその感想を書いてみようかな?

 

ドラマは30分単位のドラマなので気軽に見れて面白いドラマでした。

 

深夜ドラマだけど最高に面白い!

2017年の1月頃からTBS系で水曜日の深夜帯(24時10分~24時40分)で放送されていたのが「レンタルの恋」というテレビドラマです。

水曜日といいつつ実質的には木曜日ですね(笑)

 

「あらすじ」はというと主人公の高杉レミ(剛力彩芽)は、恋人をレンタルする「レンタル・ラバーズ」という特殊な会社の社員としてもてない男が仮にでもいいので恋人がほしいという男性をお相手する社員として活躍します。

高杉レミは会社の基本的な決まり事や事前に契約した時間、規則さえ守れば利用してくれるお客のどのような希望、願望も拒否もせず否定もせずに完全に遂行するのです。

それゆえ「レンタル・ラバーズ」の社員の中でも圧倒的な人気で顧客を一番獲得している社員なのです。

 

そんな彼女ですが何故か首に不思議な包帯を巻いているだけではなく、デート中はコスプレ姿で懸命にお相手しますがお客とのデート時間が終了すると急に「スン」と笑顔をたちまち封印してしまうという不思議な一面を持っているのでした。

 

ドラマは人気のレンタル彼女ナンバーワンの高杉レミが、とある男子大学生と契約上の仕事としてのデートをする事になります。

 

さて・・・。


ドラマのストーリーは主役の「剛力彩芽」さん演じる高杉レミが若い男たちの理想的なレンタル彼女となって、今売り出し中の人気の男優である「太賀」くんが演じる山田公介との「レンタルの恋」が始まるというものです。 

 

意外で奇妙な物語が話題となっていました。

 

高杉レミは仕事上でレンタル彼女を演じている時の話し方やしぐさが仕事が終わった後の普段の普通の彼女とのギャップがありすぎてそのキャラクターの変化が実に面白くて見どころの一つになっています。

 

このドラマの見どころは指名された男とデートをしている彼女とデートが完了した時の後のギャップを見たくて見てしまうんでしょうね~。 

 

主人公の剛力彩芽ちゃんが好きな方はこのキャラの変化に改めて嵌りそうなドラマになっていますし深夜番組のドラマだけに彼女のチョッピリしたお色気も楽しめるところです。

 

気になった方はぜひDVDを借りてみてみてはどうでしょうか?